Upright & Electric Bass (ウッドベース&エレキベース)  -ベースレッスンをお探しの方へ-

「Never Too Late」

・ベースって見た目カッコいいけど、難しそう

・今まで独学でやってきたけど、限界を感じてきた。

・基礎をしっかり学びたい。

・アドリブが弾けるようになりたい。

・ベースラインを自分で組み立てたい。

・バンドでエレキベースを弾いていて、ウッドベースに興味がある。

・とりあえず何か曲が弾けるようになりたい。

どのような要望にも全力でお応えします。
個々のレベルに合わせて最適な練習方法をお伝えします。 自分なりの目標を立てて、それを達成したときは最高にハッピーですよね。 演奏のスキルが上達するだけでなく、レッスンを通じて自分自身の成長にもなることでしょう。

教室のイベントとして定期的にアンサンブル練習会やコンサートもありますので、ジャズの醍醐味である「セッション」を経験することもできます。 ベーシストの最大の持ち味である「縁の下の力持ち」という役割を存分に楽しんでください。

 

レッスン内容

1回60分/月2回のプライベートレッスンとなります。

教室に備え付けのウッドベースが使用可能です。楽器をお持ちでない方などご自身の楽器を持参しなくてもレッスンを受講して頂けます。エレキベースをお使いの方はご自身の楽器を持参してください。
楽器購入に関してもそれぞれの方の状況に合わせた選択ができるように丁寧にアドバイスさせて頂きます。

レッスンの中ではチューニング、一通りのウオーミングアップの後、曲を使っての練習を中心にリズム、コードの知識、アドリブの弾き方を覚えていきます。
譜面が読めない方には読み書きも指導します。毎回のレッスンごとに課題をお渡ししますので自宅に戻られてからはその内容を練習して下さい。
ご自宅に戻られてからの練習で分からないことがあった場合やレッスン内容が思い出せない時は電話、メールでいつでも質問を受け付けています。

初回のレッスンは体験無料となっていますので興味持たれた方は是非とも体験レッスンにご参加ください。 (体験レッスンについての詳細こちらから

レギュラーレッスン・体験レッスンについてのお申し込み、お問合せは下記までご連絡ください。

連絡先
電話 03-6411-3953
email mail@saijazz.com

お電話もしくはメールでお問合せください。 メールでお申込みの場合は お名前、連絡先、希望する楽器、希望日程を明記してください。

レッスン料金

 
入会金 ¥11,000(税抜)
月謝 ¥14,500(税抜)
レッスン 月2回 1レッスン60分  中学生以上、経験問わず。ベースレッスン希望者

※毎月のお月謝は前月27日に翌月分を前払いで金融機関より自動引落しにてお支払い頂きます。入会時には以下のものをご用意ください
 (教室の料金や規約の詳細についてはこちらでご確認頂けます。 (入会時もしくは体験レッスン時に詳細をご説明させて頂きます。)

入会金
引落開始までの2カ月分月謝
振替用口座のキャッシュカード
※口座振替のお手続きは振替予定口座のキャッシュカードを持参して頂き、教室備え付けの端末で登録作業を行います。登録時にはキャッシュカードの暗証番号の入力を行って頂きます。

講師紹介

小美濃 悠太 Yuta Omino

1985年、東京生まれ。一橋大学社会学研究科修了。

千葉大学進学後、モダンジャズ研究会に入部。本格的にジャズを学び始める。在学中から演奏活動を開始し、現在は東京を中心に首都圏全域で活動している。

サックス奏者 臼庭潤のバンドへの参加を皮切りに、日本を代表する数々のジャズミュージシャンとの共演を重ねる。ツアー、レコーディングへの参加多数。 またジャズ以外のフィールドでも、世界的なボサノバシンガー・小野リサの中国ツアーや、日本を代表する雅楽師・東儀秀樹と、世界的なバイオリニスト古澤巌による全国ツアー、フランスの誇るバイオリニストFlorin Niculescuの国内ツアーなどに参加。 自身のプロジェクトとして、2015年にはピアノトリオ"Tre farger"の1stアルバムをリリースし、全国ツアーを成功させる。翌年2016年にはライブ録音の2ndアルバム"Live at The Glee"も発売。Tre fargerを通じてヨーロッパのアーティストとの交流を深め、2017年にはポーランド人ドラマーAlbert Karchとの共同プロジェクトで日本ツアー、レコーディングを行った。 ジャズベースを山下弘治氏、アルコ奏法を高西康夫氏、斎藤輝彦氏に師事。

座小田 諒一 Ryoichi Zakota

1983年弘前生まれ、仙台育ち。
2002年、高校卒業と同時に単身渡米、アラバマ州North Alabama University にてクラシックコントラバスを専攻。 同大学在学中にジャズの魅力に目覚め、2005年よりニューヨーク州New School Universityに編入。

Joe Chambers(ds), Carl Allen(ds), Kiyoshi Kitagawa(b), Andy McKee(b) の各氏に師事。在学中より約5年間、同校入学試験、昇級試験で伴奏及び試験官を勤める。 卒業後は、Ben Street(b), Pete Rende(p) 各氏よりレッスンを受けつつ、ニューヨークの様々なシーンで演奏活動を行う。 2011年8月、帰国と共に日本での本格的な活動を始め、現在、都内近郊の多くのクラブに出演中。2015年、サッポロシティージャズコンペティションに河野祐亮ピアノトリオ一員として参加、優勝。2016には世界最大のジャズフェスのひとつオーストリア/Wien Jazz FestやロンドンRonnie Scott’sで演奏。 今までの共演者はJunior Mance(p), Rachel Z(p), Andy Milne(p), Luis Bonilla(tb), Fukushi Tainaka(ds), Chris Cheek(ts),中牟礼貞則(gt), バイソン片山(ds), 山口真文(ts), 橋爪亮督(ts)等多数。

棚橋 俊幸 Toshiyuki Tanahashi

指弾き、弓弾き、ピック弾き、スラップなどあらゆる奏法を駆使し、 様々なジャンルの垣根を超える次世代ベーシスト。
バックバンドのベーシストとして、またストリングスオーケストラの一 員として、多くの著名ミュージシャンをサポートする。

岐阜県出身
トランペット奏者である父を持ち、音楽環境に恵まれて育つ。
名古屋大学入学後ジャズに興味を持ち、ベースを始める。 大学卒業後、奨学金を受けてボストンのバークリー音楽大学に入学。 1 年後に John Neves Scholarship を受賞。 在学中よりボストン、ニューヨークを中心に様々なライブハウスやフェ ス、野外コンサートなどに出演。 尺八、お箏を中心にしたグループ「アンサンブルリベルタ」では国内のみならず、ドイツ、カナダ、スコットランドなどの海外公演も行う。 ライブ演奏、 CM 音楽やゲーム音楽のレコーディングなどの演奏活動と並行して、サウンドプロデュース / 作曲 / 編曲も手がける。